のんびりおりがみ


風車箱 (川崎敏和:創作)

風車箱 折り紙
「風車箱」(「うず巻き模様の浅箱」)
創作者 川崎敏和
出典 博士の実用夢折り紙
難易度 ★★★★★☆☆☆(難易度についてはこちら)
使用した紙 普通の折り紙 15cm×15cm 8枚

左側の箱は「うず巻き模様の浅箱」という作品名で紹介されています。
真ん中のうず巻きを隠したものが右側の「風車箱」です。
15センチ角の紙で折ると、7.5cm×7.5cm×3.8cmくらいの箱になります。
フタに4枚、本体に4枚で計8枚の折り紙を組み合わせて作るので、紙の色柄選びも楽しめます。


このようなパーツを4つ組み合わせます。
右下のねじった部分を「うず組み」という技法で組んでから、
左側を立体的に開いて箱の形にします。
箱のサイズは左右にスライドさせて多少広げることが出来るので、
フタと本体を同じように作ってもフタをかぶせることができます。

うず巻き模様の浅箱
うず組みしたフタです。
「博士の実用夢折り紙」の箱はうず組みを基本にしたものがほとんどです。
近年の川崎さんの作品はうず組みを応用したものがいろいろあります。
ユニット作品では「超新星」がうず組みで組み立てるものです。
ジョイント部がしっかりかみ合いながらも自由に動かせるので、組み立てる時に外れにくいメリットを感じました。
「ムカデ」もうず組みに近いので、クネクネ動かして遊べます。

2017.10.19

博士の実用夢折り紙」目次へ戻る

折り方が載っている本

amazon
使う・遊ぶ 博士の実用夢折り紙
楽天
使う・遊ぶ 博士の実用夢折り紙

Comment Form is loading comments...