のんびりおりがみ


玉手箱 (川崎敏和:創作)

玉手箱 折り紙 玉手箱 折り紙
「玉手箱」
創作者 川崎敏和
出典 博士の実用夢折り紙
難易度 ★★★★★☆☆☆(難易度についてはこちら)
使用した紙 普通の折り紙 15cm×15cm 8枚

15センチ角の紙で折ると、6.3cm×6.3cm×4.2cmくらいの箱になります。
フタに4枚、本体に4枚で計8枚の折り紙を組み合わせて作ります。


このようなパーツを4つ組み合わせます。
以前折った「風車箱」と同様に、左下のねじった部分を「うず組み」という技法で組んでから、右側を立体的に開いて箱の形にします。
ふたは折り具合をずらして、本体よりも少し大きめに作ります。

玉手箱 折り紙
うず組みを表に出したフタです。
「風車箱」よりもうずが大きく、模様が映えます。

この「玉手箱」は、創作者の川崎さんにとって「21世紀のマイベスト折り紙」と本に書かれていました。
川崎さんの代表作のカワサキローズと比べると印象は地味ですが、しっかりとした箱に仕上がる実用性の高い作品です。

2020.6.15

博士の実用夢折り紙」目次へ戻る

折り方が載っている本

amazon
使う・遊ぶ 博士の実用夢折り紙
楽天
使う・遊ぶ 博士の実用夢折り紙

Comment Form is loading comments...